一日で済ませる葬儀「一日葬」について

一日葬とは?

一日葬とは?の写真

以前は一般葬のお葬式が主流でしたが、80代、90代を過ぎてから亡くなる人も増加しており、現役で働いていた頃に比べると、交友関係が少なくなっている人がほとんどです。
少子高齢化などの影響で家族葬や一日葬を希望しているご家庭が増加傾向にあります。
家族葬や一般葬はお通夜と告別式を行うのが一般的ですが、一日葬はお通夜を行わないお葬式のことです。
一日葬はお通夜を行わないので、故人の介護やお世話で疲れている家族の負担を減らせるなどのメリットがあります。
家族や親族などの近親者だけで行う家族葬とは違い、生前から交友のあった友人や知人に参列をしてもらったり、香典を受け取ることもできます。
数多くの葬儀社が存在しますが、地元で評判の高い専門業者を選ぶと、親切で丁寧な応対のスタッフが在籍をしており、一日葬の相談に乗ってくれます。
お通夜を行わないため、食事の手配や返礼品などを減らせるなどのメリットもあります。
信頼できる葬儀社を選ぶと、早朝や深夜に亡くなった時もすぐに自宅に駆けつけてくれるので、安心して葬式のプランを選んで下さい。
使用する祭壇の種類も多いですし、近隣の僧侶との交流がない場合は近くの寺院の僧侶を手配してもらえるので、費用を抑えても心のこもった読経が受けられます。
大切な家族が亡くなるとお葬式の手配をしなければなりませんが、お通夜を行わないため、遺族や家族親族などの精神的、肉体的な負担を軽減できるのが特徴です。

横浜や川崎でお葬式をお考えの方はお安い料金でやってくれるグランドセレモニーがぴったりです。

埼玉はさいたま市で葬儀を検討されている方はこちらのページをご覧ください。