一日で済ませる葬儀「一日葬」について

一日葬のおおまかな流れ

一日葬のおおまかな流れの写真

故人は病院などで入院をしていることが多いですが、亡くなると信頼できる葬儀社に電話をして、お葬式の手配をする必要があります。
一般葬や家族葬を希望している人が多いですが、遺族や親族も高齢の場合は精神的、肉体的な負担を減らすためにお通夜を行わない、一日葬を希望している人が増加しています。
電話でスタッフに相談をすると、早朝や夜間に亡くなった時もすぐに自宅に駆けつけてくれるので、故人や家族の意向に合ったお葬式のプランを選んで下さい。
故人にとってお葬式は一生に一回の大切なセレモニーなので、納得が行くまで打ち合わせをしましょう。
事前に大体の予算を決めておいたり、気に入ったデザインの祭壇を選ぶことで、ライフスタイルや家族構成に合わせたお葬式ができます。
一日葬はお通夜を行わないのが特徴になっており、告別式を行いますが、丁寧な僧侶の読経が受けられるので、血縁の濃い人から順番にお焼香を行います。
親族や一般参列者のお焼香が終わったら、遺族の挨拶が終わった後に納棺を行います。
納棺をする時は故人が大切にしていた品物や、お花などを手向けることが多いです。
葬儀社と火葬場が隣接している場合は、マイクロバスを手配する必要もないですし、高齢者も移動がスムーズなのが特徴です。
火葬が終わったら、一日葬によるお葬式は終わりますが、遺族や家族は休憩所などで疲れた心身を癒すことができます。
一日葬のおおまかな流れを知っておくと、いざという時に慌てずに済みます。